電池の漏液にご注意下さい。

時計の電池交換をお預かりしました。
G−SHOCKの限定モデルでしたが、
(アナログつきのタイプで酸化銀電池使用)
ケースを開けてみますと、
電池が漏液しておりました。
今回の電池は国産のものでしたが、結構長期間
置きっぱなしにされていたのではないかと
思われます。取り合えず漏液をふき取り、
乾かして電池を装着、
リセット操作をしましたが、
パルス信号も出ませんので、回路や輪列まで
侵食されているかもしれません。
メーカーへ送って修理するしか
生き返らせることはできないと思われます 。
(メーカーに部品やアッシーが
 残っていれば良いのですが)


  漏液した電池


左 正常な電池 右 漏液した電池

一般的に国産電池はガスケットのパッキングが
しっかりしていますので、今回のような
ことは少ないと思いますが、大事な時計は
早々に電池交換をされることをお勧めします。

もちろん、外国製のブランドウォッチや高級
時計は特に早めに交換をお願いします。
入っている電池が外国製で、漏液しやすい
と思われるからです。
大事に箱に入れてしまっておくと、「あーあ」
と言うことになります。

 時計のオガワ トップページへ