電池交換とパッキン交換

時計の電池交換をお預かりしまして、
裏蓋を開けますが、防水・非防水関係なく
ほとんどの時計の裏蓋には
ゴム製のパッキンが装着されています。

このゴムパッキンは長い時間、裏蓋とケース
によって圧迫されていますので
(スクリューバック=ネジ締め式の裏蓋
の場合は特に)伸びてしまったり
撚(よ)れて変形しています。
また、経年変化により弾力が無くなり
カチカチになっています。
そんな場合には、再装着ができなかったり
隙間が出来て、裏蓋が締まらなくなります。
そんな時にはこちらの判断で、新しいパッキン
と交換させていただいております。
メーカーによっては純正のパッキンが
わからないものもありますので
ケースのサイズを測って対応いたします。

パッキンを交換しても防水検査を
するわけではありませんので
防水保証はできません。
でも、水が入りにくいことは間違いないです。


上:ラウンドタイプ(一般的) 
下右:フラットタイプ
下左:プラスティックパッキン

パッキンの種類は形状・サイズ・厚み(太さ)
など多種多様です。

Gショックなどのデジタルの時計は
形状が変則的で、パッキンも複雑な
形状ですのでパーツが在庫してありません。
パッキン交換や防水検査はメーカー送り
になります。(1〜2週間時間が掛かります)

外国製のブランドウォッチや時計には
プラスティック製の硬いパッキンが
使われているものがあります。
裏蓋が外れてしまうくらい緩い場合や
変形してはまらない場合を除き交換は
しません。非防水時計としてお使い
いただくことをお勧めいたします。

パッキンの価格は国産の時計で
電池交換時にお取替えする場合
800円(税抜)くらいです。

純正品取り寄せですと時間と送料が掛かります。

 時計のオガワ トップページへ