G-SHOCKケース&べゼルの経年劣化

カシオ G−SHOCKの電池交換を
お預かりすることがあります。

新しい商品はソーラー(太陽光発電)になって
いるものが多く、カシオの時計では裏蓋に
「TOUGH SOLAR」と書かれて
いると思います。その場合は電池交換
ではなく、太陽に5〜6時間当てて下さい。

今回はそれ以外の、電池で動いているタイプで
の電池交換時に起こる困ったこと。
ウレタン系のケースやべゼルの経年劣化による
ケース・べゼルの崩壊についてのお知らせです。

フロッグマンなどの裏蓋の場合、スクリューバック
と言って、裏豚がネジ式の防水強化タイプに
なっています。電池交換で裏蓋を開けるときに
力をかけると、ケースがぼろぼろと、まるで
スポンジケーキをつかむような感じで
崩れ落ちてしまうことがあります。
使っていないで、箱や引き出しにしまったままで
いざ使おうと電池交換に持ってこられた場合
が多いような気がします。
(使っている場合のほうがそのようにはならない?)

また、ガラスプロテクターをはずしたり、装着
する時、ケースが崩壊することもあります。
だめになっているケースはちょっとべたべたした
感じで、つやがなくなっています。
爪を押し付けると柔らかくて簡単にへこみます。
(ぼろぼろと割れてしまうこともありますので
やらないで下さいね。)
ただ、外見ではぜんぜんわからないことも
ありますので、お気をつけ下さい。

また、メーカーに出しても交換ケースや
べゼルがないため修理不能と言う形で
返却されてきます。
当店でも電池交換ができませんので、
ご了承下さい。

 時計のオガワ トップページへ